Information

お知らせ

TOP

>

INFORMATION

>

詳細

2022.05.18

PRESS RELEASE

スタジオ地図 シネマティックオーケストラ2022
~「竜とそばかすの姫」公開1周年記念~
スタジオ地図・細田守監督 全6作品のオーケストラコンサートを
8月14日(日)に東京国際フォーラム ホールAで開催!!
大スクリーンに映し出される数々の名場面、フルオーケストラの迫力の生演奏!
高木正勝(ピアノ)、奥華子(Vo)、アン・サリー(Vo)が出演!
5月18日(水)12時よりオフィシャル先行チケット販売開始!


『スタジオ地図 シネマティックオーケストラ2022 ~「竜とそばかすの姫」公開1周年記念~』を2022814()に国際フォーラム ホールAにて開催!

 公開から時を経てもなお愛され続ける、スタジオ地図の作品たち。

スタジオ地図として初となる本オーケストラコンサートは、細田守監督の『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』、そして『竜とそばかすの姫』の全6作品を、大スクリーンに映し出される各作品の名場面と、東京フィルハーモニー交響楽団の迫力の生演奏でお届けする、オムニバス形式のオーケストラコンサートです。

また、演奏には作曲の高木正勝(ピアノ)が、ゲストヴォーカルには奥華子とアン・サリーも出演!

更に、スタジオ地図作品を象徴する「入道雲」をデザインとして入れたアイテムや『竜とそばかすの姫』より、仮想世界<U(ユー)>で世界中の注目を集める歌姫「Belle」のイラストを使ったアイテムなど、オリジナルグッズも販売します。※アイテムは後日発表

『竜とそばかすの姫』公開1周年、そして、スタジオ地図10周年のフィナーレを飾る記念すべきオーケストラコンサートで、作品の世界を体感しよう!

演奏作品

『時をかける少女』(2006年)
『サマーウォーズ』(2009年)
『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)
『バケモノの子』(2015年)
『未来のミライ』(2018年)
『竜とそばかすの姫』(2021年)


 

 

スタジオ地図
スタジオ地図は、細田守監督作品の企画製作プロデュースを行うアニメーション映画制作会社。細田監督と、監督がフリーランスになって初監督を務めた『時をかける少女』(06)からタッグを組んだプロデューサーの齋藤優一郎が、『サマーウォーズ』(09)を経て、『おおかみこどもの雨と雪』(12)を制作するスタジオとして、2011年にスタジオ地図を設立。その後、『バケモノの子』(15)、『未来のミライ』(18)をリリースし、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を5作品連続受賞。第91米国アカデミー賞や第76回ゴールデングローブ賞のノミネートなど、国内外で高い評価を獲得。最新作『竜とそばかすの姫』(21)では、第74回カンヌ国際映画祭のオフィシャル・セレクション「カンヌ・プルミエール」に選出された。20224月より、劇団四季によるミュージカル「バケモノの子」が上演中。

【公式HPhttps://studiochizu.jp/

【Twitter】https://twitter.com/studio_chizu


出演者

●東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本のオーケストラとして最古の歴史をもち、メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフ。自主公演の他、新国立劇場他でのオペラ・バレエ演奏、NHK他における放送演奏で高水準の演奏活動を展開。また、海外公演も積極的に行い、国内外から高い注目を集めている。

1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト:https://www.tpo.or.jp/



●栗田博文(指揮)
1988年、第23回東京国際音楽コンクール指揮部門において第1位優勝を果たし、翌年、国内主要オーケストラを指揮しデビュー。1989年に渡欧。同年、第1回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア)に入賞し国際的な評価を確立。1995年、第1回シベリウス国際指揮者コンクール(フィンランド)の最高位に輝く。同年、フィンランド放送交響楽団より招かれ、ヨーロッパデビューを果たし大好評を博す。国内外の活発な指揮活動とともに、国立音楽大学客員教授を務め、後進の指導にも力を注いでいる。クラシック音楽の古典から現代作品まで、幅広いレパートリーを持つほか、様々なジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。

 


●高木正勝(ピアノ)

音楽家・映像作家

1979年京都生まれ。12歳から親しんでいるピアノを用いた音楽、世界を旅しながら撮影した「動く絵画」のような映像、両方を手掛ける作家。NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』のドラマ音楽、『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』の映画音楽、CM音楽やエッセイ執筆など幅広く活動している。最新作は、小さな山村にある自宅の窓を開け自然を招き入れたピアノ曲集『マージナリア』、エッセイ集『こといづ』。


●奥華子(ゲストヴォーカル)

千葉県出身 シンガーソングライター

キーボード弾き語りによる路上ライブの驚異的な集客が話題となり2005年にメジャーデビュー。2006年公開、細田守監督の劇場版アニメーション『時をかける少女』の主題歌「ガーネット」挿入歌「変わらないもの」で注目を集める。2012年発売のベストアルバム「奥華子BEST-My Letters-」がオリコン9位を記録。2016年には上海にて初の海外単独公演を成功させた。2019年公開の映画『殺さない彼と死なない彼女』では主題歌と初の映画音楽を担当した。

これまでにオリジナルアルバム10枚をリリースし、デビュー15周年記念「奥華子ALL TIME BEST」を発売した。“声だけで泣ける”と称される唯一無二の歌声、聴いた瞬間から心に染み入るメロディと歌詞は、老若男女問わず幅広い世代の人から支持されている。


●アン・サリー(ゲストヴォーカル)

ほころぶ花のような唯一無二の歌声が聴くものを魅了するシンガー・ソングライター・ドクター。2001年に『Voyage』でアルバム・デビューを果たし、2003年に発表した『Day Dream』『Moon Dance』はロングセラーを記録。医師として勤務する傍らコンスタントに音楽活動を続け、これまで多数のアルバム作品のほかCMや『おおかみこどもの雨と雪』をはじめとする映画主題歌を歌唱。デビュー20周年となる2021年にはNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の挿入歌を歌唱し、20222月には最新アルバム「はじまりのとき」がリリースされた。


チケット

●オフィシャルWEBサイト先行販売 抽選

受付期間:518()12:00529()23:59

販売価格:特典付きS12,000(税込) / S9,800(税込) / A7,800(税込)

※特典:コンサートオリジナル手ぬぐい&うちわセット

ローソン:https://l-tike.com/st1/studiochizu-2022

 

●一般販売

受付期間:618() 10:00

※詳細は、後日お知らせいたします。

 

<注意事項>

3歳未満のお子様は入場をお断りさせていただきます。

※特典付きチケットご購入のお客様には「コンサートオリジナル手ぬぐい&うちわセット(非売品)」をプレゼント!

※特典付きチケットの「コンサートオリジナル手ぬぐい&うちわセット(非売品)」は公演当日のご入場時に引換えさせて頂きます。

※ご購入の際、チケット代金の他に、システム利用料、各種手数料がかかります。

 

<チケットのお申込みに関するお問合せ>

ローソンチケット:https://l-tike.com/contact/


スタジオ地図 シネマティックオーケストラ2022開催概要

催事名称 : スタジオ地図 シネマティックオーケストラ2022 ~「竜とそばかすの姫」公開1周年記念~

日時   : 2022814() Open 16:00Start 17:00

場所   : 東京国際フォーラム ホールA

       100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5

チケット : 特典付きS12,000(税込) / S9,800(税込) / A7,800(税込)

       ※特典:コンサートオリジナル手ぬぐい&うちわセット

公式HP  https://www.promax.co.jp/studiochizu-inconcert

主催     : プロマックス / ハーモニクス・インターナショナル / 日本テレビ / KADOKAWA /

ローソンエンタテインメント

企画・監修:スタジオ地図 / CHIZU Music Supervision / ソニー・ミュージックソリューションズ

 

 

©「時をかける少女」製作委員会2006/©2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS/©2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会/©2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS/©2018 スタジオ地図/©2021 スタジオ地図/©STUDIO CHIZU/©上野隆文