Information

お知らせ

TOP

>

INFORMATION

>

詳細

2020.06.24

PRESS RELEASE

横浜・みなとみらいの新音楽アリーナ「ぴあアリーナMM」に、
柱を活用したサイネージシステム『Motion Corridor』を納入
-アーティストとのコラボ作品など、アリーナ周辺の魅力を高めるコンテンツを提供-

株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ(本社:東京都港区、代表取締役:古川愛一郎、渋谷学、以下、ソニー・ミュージックソリューションズ)およびソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:古田了嗣、以下、ソニービジネスソリューション)は、ぴあ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢内廣、以下、ぴあ)の音楽アリーナ「ぴあアリーナMM(ピアアリーナ エムエム)」(所在地:横浜市西区)に、コンテンツ演出サイネージシステム「Motion Corridor (モーションコリドー)」を納入しました。


<左から:「Motion Corridor」、「ぴあアリーナMM」>

 本システムは、「ぴあアリーナMM」1階のピロティに設置されています。50mの通路に配置された柱8柱に、それぞれ55インチの縦型ディスプレイ2台を設置し、映像と音響によるインスタレーション作品などを放映します。システム全体の構築はソニービジネスソリューションが行い、映像配信には、ソニー・ミュージックソリューションズが提供するサイネージシステム「MITENE(ミテネ)」を活用し、ソニー・ミュージックソリューションズのクリエイティブパートナーである株式会社バスキュール(本社:東京都港区、代表取締役:朴正義)が、アーティストとのコラボレーション企画を担当しています。

 「ぴあアリーナMM」は、音楽アリーナとしてだけでなく、みなとみらい地区全体を盛り上げる施設として構想されています。今回サイネージシステムを納入した1階ピロティは、アリーナの来場客だけでなく、周辺の企業に勤める人や、みなとみらいへの観光客なども利用できることから、「ぴあアリーナMM」に関連する店舗情報やコンサート情報だけでなく、“街を訪れる人も楽しめるサイネージ”をコンセプトとしてシステムおよびコンテンツを提案しました。柱の壁面いっぱいに設置されたサイネージに、若手アーティストによるモーショングラフィックス作品などを投影し、パブリックアートとしても鑑賞できるサイネージを目指します。
 今後は、放映コンテンツを拡充するとともに、アートギャラリーとして活用いただくなど、多様な用途で活用いただきたいと考えています。

今回納入するコンテンツ演出サイネージシステム「Motion Corridor」の概要は以下のとおりです。

〇設置場所:「ぴあアリーナMM」1階ピロティ(神奈川県横浜市西区みなとみらい3-2)
〇ディスプレイ:55インチ縦型液晶ディスプレイ 16台
〇映像配信システム:サイネージシステム「MITENE」
〇主な放映コンテンツ:
 ※2020年7月1日(水)放映開始
 ・「Kinetic Frames」(作:井口皓太)https://cekai.jp/creator/kota-iguchi
 ・「エウロパ」(作:山田遼志)http://ryojiyamada.com/
 ・「Border Play」(作:Qubibi)http://qubibi.org/
 ・サウンド制作(三浦康嗣)


<作品イメージ:左から「Kinetic Frames」、「エウロパ」、「Border Play」>

■関連リンク
・ぴあ株式会社 ぴあアリーナMM公式サイト
https://pia-arena-mm.jp/
・ソニービジネスソリューション株式会社 
http://www.sonybsc.com/
・ソニー製品情報            
http://www.sony.jp/professional/
・株式会社バスキュール
https://bascule.co.jp/work/


株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ https://www.sonymusicsolutions.co.jp/